温泉系入浴剤

名湯旅行〈道後〉レビュー

投稿日:

今回は名湯旅行という温泉風入浴剤を使ってみました。

 

温泉風入浴剤なので実際の温泉を完全に再現したモノではなく、温泉っぽい雰囲気をイメージしたものになります。

なので、実際の温泉とは全くの別物ですが、使ってみると確かに感じる温泉気分。

手軽にリラックスできるのでお風呂にちょっとした変化が欲しい時にオススメな使い心地でした。

 

他のモノに例えるのなら、果汁グミみたいな感じです。

本物とは全くの別物だけど、それはそれで悪くない。

そんな名湯旅行を使ってみたレビューをしていこうと思います!

こんな方におすすめ

  • 手軽に名湯を制覇したい人
  • 心身ともに疲れている人

 




どんな入浴剤?使ってみる。

それでは、名湯旅行がどんな入浴剤だったのか話していきましょう。

まずは使ってみたときの様子を写真で見てもらいながらの説明です。

今回僕が使ったのは名湯旅行の道後温泉です。

色々と種類があったのですが、僕が実際に入浴したことのある温泉を選んでみました。

 

他の種類には、登別(北海道)鳴子(宮城)鬼怒川(栃木)和倉(石川)下呂(岐阜)南紀勝浦(和歌山)玉造(島根)別府(大分)があり、全9種類になっています。

南紀勝浦や玉造温泉、和倉なんてかなりマニアックな気がするのですが、どういった基準でこの9つの温泉が選ばれたのでしょうか。

他の温泉風入浴剤にはない温泉が多く採用されていると考えれば、わりと正解な選出なのかもしれません。

 

袋のウラはこんな感じ。

特に話すことはありません。

 

正直、温泉風入浴剤は効能とか効果より、いかにそれっぽさを出せるかの勝負になるので香りやお湯色が良ければそれで良しです。

もし、あなたが美肌効果を求めているのなら名湯旅行のような温泉風入浴剤ではなく本当に温泉成分が配合されている入浴剤を選ぶべき。

例えば、天然湯の花は温泉成分らしい入浴感だったのでオススメです。

天然湯ノ花(サカエ商事)レビュー

今回は東急ハンズで買った天然湯ノ花という入浴剤を使いました!   湯ノ花というのは温泉からある方法によって抽出された成分のことで、それを家のお風呂に溶かすことによって温泉気分を楽しむことがで ...

続きを見る

 

お風呂に投入中の写真。

粉の色はオレンジ色で、1袋で1回分になります。

 

僕はこの入浴剤を1袋だけ買ったのですが、東急ハンズで100円でした。

温泉風入浴剤は基本的に安いモノが多いのでそれらに比べれば高く感じましたが、まあ許容範囲内です。

9種セットでも売られているので、それを買えば1袋あたりは安くなるみたい↓

これだと1袋あたり80円くらいなので、何回も使うのなら断然お得ですね。

できあがったお風呂を撮ったのが上の写真になります!

 

お湯の色は少し濃いめの黄緑色っぽい感じ。

実際の道後温泉はこんな色をしていませんが、雰囲気が出ているので良いのでしょう。

パキッとした色ではなく、淡い色なのでそれほど不自然には感じませんでした。

 

香りについても、本来の道後温泉にはない香りをしているのですが、線香の香りのような「和」を感じるモノなので悪くはありません。

どちらにしても温泉っぽさがちゃんと出ているので、リラックスはできそう。

ただ、道後温泉っぽさは全く感じられません(笑)

 

では、そんな名湯旅行〈道後〉で入浴した感想に移りましょう。

入浴した感想

名湯旅行を使ったお風呂で入浴しました。

 

ひとことで表すと、「お手本のような温泉風入浴剤」でした。

本物と比べると全然違ったのですが、入浴剤だと思えばこれはこれでアリ。

昔からあるタイプの温泉風入浴剤です。

 

手軽に温泉気分になれて「いい~湯だな~あはは~♪」と口ずさむことができます。

気持ちの良い入浴ができました。

 

さらに、9種類の温泉が楽しめるので、家で全国制覇するのにももってこいの入浴剤だと言えるでしょう。

「本物とは違うけど、だからこそ本物に入りたくさせる。」そんな力を持っています。

名湯旅行は基本的にどこでも買うことができますし、ネットでもいろいろなセットで売られているので、ぜひ使ってみて下さい。

まだ1種類しか使っていませんが、バスクリンの「日本の名湯シリーズ」よりかは良かったと思います。

日本の名湯5種入りレビュー

今回紹介するのは、バスクリン株式会社から販売されている「日本の名湯」という入浴剤です! この入浴剤は、全国5カ所の名湯を各地の温泉協会と協力して再現しているというので、 「家で本物の温泉を楽しめる!」 ...

続きを見る

まとめ

どうだったでしょうか。

名湯旅行はあなたが思っていたような入浴剤でしたか?

 

僕としては温泉風入浴剤と本物の温泉は全くの別物だと考えているので本物みたいなお風呂にならなくても良いのですが、本物みたいなお湯を求めているのならちょっと違うかもしれません。

短いレビューでしたが、参考になれば幸いです。




  • この記事を書いた人

瀧澤走

お風呂が好きで色々な入浴剤を使うので、「この経験をほかの人にも共有できれば」と考え、サイトを作りました。自分が感じたリアルな情報をお届けします!

オススメ記事

1

僕はこれまでに100種以上の入浴剤を使い、このブログでレビューしてきました。 今回はその中から僕がオススメする入浴剤を10つ、ランキング形式で紹介します!   実際にいろいろな入浴剤を使って ...

-温泉系入浴剤

Copyright© お風呂の時間 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.