温泉系入浴剤

自宅湯原料レビュー

更新日:

今回は有馬温泉の金湯と銀湯をおうちで楽しめる入浴剤、自宅湯原料を使ってみました!

この入浴剤はお土産として貰ったものですが、お土産とは思えないほどの再現度、出来の高さに驚かされました。

有馬温泉に行かなくても現地さながらの温泉風お風呂を楽しむことができます。

「有馬温泉との近さ(再現度)」ではこの入浴剤以上のものはないと言えるでしょう!

それでは、実際に自宅湯原料を使いながらレビューをしていこうと思います。





自宅湯原料〈金の湯〉を使ってみる

有馬温泉には茶色っぽいお湯をした金の湯透明なお湯の銀の湯があります。

僕も人生で2回ほど行ったことがあるのですが、2種類の温泉を楽しめる有馬温泉はとってもオススメです!

その2種類の温泉でも僕は金の湯のほうが特に好きなので、まずは金の湯を再現できる自宅湯原料から使ってみようと思います↓

カメ印 自宅湯原料。なんとか本舗 温泉堂。

いかにもそれっぽい言葉が並ぶこの入浴剤が、有馬温泉の金の湯を再現できる入浴剤です。

この入浴剤を作っているのは兵庫県神戸市有馬町にある吉高堂という現地にあるお店なので信頼の品質です。

何日か前にはそのお店が作っている有馬サイダーてっぽう水風呂という入浴剤も使ってみたのでよければレビューを見てみて下さい。

袋のウラ側です。

「有馬温泉の金泉と同じく塩化ナトリウムを主成分とし、鉄分を有する入浴剤です」と書かれていますね。

実際の温泉に含まれている成分と同じものが入浴剤にも入っているのなら似たお湯になりそうで期待ができます。

やっぱり使うからには本物をおうちで体感したいですよね。

袋を開けてみましょう。

袋の中にはなんともそれっぽい粉が入っていました。

それっぽい粉なのですが、香りはキャラメルみたいな甘い匂いがしています!

「これ大丈夫なのか?」と思いつつ、お風呂に投入です。

この入浴剤には鉄分が含まれているので、残り湯を放置すると色が浴槽についてしまうそうです。

浴槽が茶色くなると思うとちょっと恐ろしいですね。

それと、残り湯は洗濯にも使えないみたいなので、この入浴剤を使うときは気をつけて下さい。

まあ、それくらい本物に近づけようとしていると考えたらそのくらいなんてことありません!

混ぜてお風呂は出来上がりです。

粉のときはキャラメルみたいな香りがしていたので心配したのですが、香りもお湯の色もそれっぽくできあがりました!

「お湯は透明です。」ということを言おうと思って手をお湯に突っ込んだのですが、その手を匂ってみると鉄の香りがしました!

有馬温泉がどんなだったか記憶は曖昧なのですが、ほんとに本物みたいな香りです。




自宅湯原料〈銀の湯〉を使ってみる

2日後に銀の湯も使ってみたので追記しておきます。

こちらもなかなかの再現度です!

たしか本物の銀の湯は透明だったと思うのですが、この入浴剤を溶かしたお湯はすこし白く濁っています。

銀の湯だからちょっと白くしてみたのかもしれませんね。(笑)

もちろん金の湯の自宅湯原料と同じように、本物の銀の湯にも含まれている成分は配合されています。

こっちには鉄分が入っていないので残り湯を洗濯につかうことができるようですが、残り湯を浴槽に放置すると着色のおそれがあるのは同じなので気をつけて下さい。

それでは、自宅湯原料を使ったお風呂に入った感想に移ります!




入浴した感想

金の湯、銀の湯、どちらの自宅湯原料も使ってみましたが、どちらも本物さながらのお風呂でした。

自宅湯原料という名前のとおり、おうちで金の湯と銀の湯が楽しめるので、忙しくて有馬温泉に行けないひとやおじいちゃんおばあちゃんへのプレゼントにぴったりかもしれません。

お湯は温泉そのもの

自分の家で入るので雰囲気はふつうに自宅なのですが、お湯は有馬温泉そのものでした。

金の湯ではしっかりと身体が温められ、銀の湯ではさらりとしたお湯質を楽しむことができます。

香りも金の湯は鉄分。銀の湯はほぼほぼ香りなしと、リアルな作りに徹底していました。

大きな企業が作っている温泉風入浴剤だと、それっぽい香りをつけて逆に温泉らしさがなくなっているのがほとんどなので、リアルさがある自宅湯原料のほうが僕は好きです。

「本物を楽しみたい」なら自宅湯原料がダントツでしょう!

有馬温泉に行ってみて!

でもやっぱり有馬温泉そのものに行ってみて欲しいです。

温泉街としてはそんなに大きくはありませんが、兵庫県は中華街や神戸市街など有馬温泉以外にも観光できるところがたくさんあるので旅行してもらいたいです。

そして、そのお土産として友達や親戚、恋人に自宅湯原を買ってかえってあげて下さい(笑)

有馬温泉のすばらしさを全国に!

もし、この入浴剤をネットで取り寄せたいなら、この入浴剤を作っている吉高屋のホームページで売っているので参考にしてみて下さい。

URL貼っておきます↓

吉高屋HOMEページ

まとめ

今回はお土産でもらった有馬温泉の自宅湯原料を使ってみました。

金の湯、銀の湯どちらも満足度のたかいものでしたが、金の湯の自宅湯原料がとくにオススメです!

僕も有馬温泉に行く機会があったら、この入浴剤を誰かへのお土産に買ってかえりたいと思います。




  • この記事を書いた人

入浴剤大好きかけるん

お風呂が好きで色々な入浴剤を使うので、「この経験をほかの人にも共有できれば」と考え、サイトを作りました。自分が感じたリアルな情報をお届けします!

オススメ記事

1

僕はこれまでに100種以上の入浴剤を使い、このブログでレビューしてきました。 今回はその中から僕がオススメする入浴剤を10つ、ランキング形式で紹介します!   実際にいろいろな入浴剤を使って ...

-温泉系入浴剤

Copyright© お風呂の時間 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.