変わり種入浴剤

自然の力?!りんご風呂やってみた!

更新日:

今回は前回の豆乳風呂に引き続き、ガチのリンゴを使ってリンゴ風呂を作ってみました!

ガチ豆乳風呂の記事はこちら

リンゴの酸味、甘みの香るフルーティーなお風呂に~とはいきませんでしたが、肌がかゆくなることもなく普通に入れるお湯だったので悪くはありませんでした。

(僕より後に入った家族には好評でした。時間が経つと成分が溶け出るのかな?)

僕流のリンゴ風呂の作り方を紹介するので、ぜひ参考にしてみて下さい。





注意点?

僕の紹介しているリンゴ風呂はあくまで僕流なので、マネをする人は自己責任でお願いします!

ただのリンゴを使ったお風呂なので ほとんどの人が大丈夫だとは思うのですが、アレルギーの影響が出ないとは言えませんし・・・

安全確認をしながら試してみましょう。

リンゴ風呂の作り方

それでは、さっそくリンゴ風呂を作っていきましょう。

今回、リンゴ風呂を作る上でのチェックポイントはこんな感じ↓

  • リンゴは切って使うと成分がしみ出やすい。(リンゴ1つだと少ないかも・・・)
  • 切った場合、ネットに入れてお湯に浮かべると後処理が簡単。(簡単に洗ってから切る)
  • ハチミツをいれるとお湯がマイルドに。
  • リンゴをお風呂に入れてから時間をおくことが大切。

まあ、リンゴを切ってネットに入れてお湯に浮かべるだけですね。

ハチミツは、ンゴと相性が良いんじゃないかな?というイメージで入れてみただけなので絶対に必要なワケではありません。

実際に作ってみる

ではでは、ガチリンゴ風呂を作ります。

今回僕が使ったリンゴがこちら。スーパーで普通に売られているふじりんごです!

たしか1個70円くらいで売られていたと思います。

最初からリンゴ風呂を作るつもりで買ったので、食用として生まれたこのリンゴには申し訳ないです。

無駄にはしないのでどうかお許しを。。。

リンゴ風呂に使うために購入しましたが、どうせなら香りのいい美味しいリンゴを選びたい。

ということで調べてみると、「リンゴはおしりが丸く黄色に近づいているものが蜜入りで甘い」という情報を見つけたので、それに従っておしりが黄色いリンゴを選んでみました。

さらにリンゴ風呂について調べると、「個数が少ない場合はリンゴを切ってお風呂に入れるといい」と書いてあったので、スライスしてみます。

こんな感じになりました。

食べるわけではなので、皮や種、ヘタはすべて残しています。

一部の情報では、「リンゴの皮には農薬がついている可能性があるから使わない方がいい」と書いてありましたが、とくに気にせずにスライスする前に洗う程度の対応で済ませました。

一枚とってみるとこんなです。

色が濃くなっているところが蜜が入っている場所なのですが、ほとんどありませんね。残念。

食べてみました。

味はいつもどおりのリンゴで普通においしかったです。

スライスしたリンゴって案外食べやすくてオススメかもしれません。

ずっと前ですが、テレビ番組でも「リンゴはスライスして食べるのが無駄がなくてオススメです」と言っていたのを思い出しました。

ここで「早くリンゴ風呂作れよ・・・」と思っているそこのあなた。少々お持ち下さい。

話が脱線してしまいましたが、ここからはまじめにリンゴ風呂を作っていきます。

スライスしたリンゴは種やヘタがばらけてしまう可能性がたかいので、ネットに入れて浮かべます。

小物用のリンゴを入れるにはちょうど良いサイズのネットが見つかったので良かったです。

はい。入れてみました。投入です。

予想はしていましたが、入れてもあまりお湯に変化は見られません。

香りは感じないし、お湯の色が変わることもないので、入浴剤としては面白味に欠けていると言えますね。

時間がたてばお湯に染み出る成分が増えるはずなので、ちょっと待ってみようと思います。

待っているあいだ暇だったので、ハチミツを台所で見つけて取ってきました。

最初は入れるつもりはなかったのですが、リンゴとハチミツって相性よさげじゃないですか?

思いついちゃったのでスプーン1杯分くらい入れてみることにします。

ハチミツをお風呂に入れるのは何気に初めてなのですが、お湯に簡単に溶けてくれるので使いやすい材料ですね。

とても良い感じです!(自己満足)

ハチミツを入れてから7分経ったかな?というところでリンゴ風呂完成!ということにしました。

お湯の色の変化はほぼなし。

写真を見ても分かるように、いつものお風呂と違うところはスライスしたリンゴが浮いているだけ。ですね。

では、実際にお風呂に入ってみたいと思います!




入浴した感想

手作りのリンゴ風呂で入浴してきました!

1番最初に入浴した僕自身はリンゴの香りをあまり感じられず肌への効果からだを温める効果もそれほどだったのですが、僕よりもあとに入った家族は「リンゴのいい香りが良かった!」と言っていたり、「身体がポカポカになった!」と言っていたので、時間が経てば成分が溶け出て効果が強まるのかもしれません。

時間の問題なのか。個人差の問題かは分かりませんが(笑)

まあ、家族からの好評をもらえたので、手作りお風呂としては成功だと思います!

反省点

まずは反省点から話していきましょう。

僕が実際にリンゴ風呂を作って改善の余地があると感じたのは、ズバリりんごの個数です。

正直、「1つじゃ足りないな」と感じました。

でも1個以上使ったらコスパが悪くなるし・・・

もらい物でいっぱいリンゴがあるのなら、リンゴを何個が使った方が満足のいくお風呂を楽しめるでしょう。

良かったところ

僕が作ったリンゴ風呂のターニングポイントは何と言ってもハチミツを入れたことです。

ハチミツを入れたことによりだいぶお湯が柔らかくなったのを感じたし、リンゴとも相性がいい組み合わせでした。

結果として、僕が作ったリンゴ風呂はボチボチな保湿効果を持っていたのですが、それがリンゴによる効果なのかハチミツによるものなのか分からなくなってしまったのがハチミツを入れた唯一の失敗だと言えるでしょう。

ぜひ、リンゴ風呂やほかの果物風呂をするときはハチミツも一緒に入れてみて下さい!

まとめ

リンゴ風呂!僕はあまり楽しむことが出来ませんでしたが、時間をかけてお湯になじませるとリンゴを感じられるお風呂になるみたいです。

オススメできるかと言われると、「う~ん・・・」という感じですが、自己満足はしているのでリンゴがあまっていたらあなたもぜひ試して見て下さい!




  • この記事を書いた人

入浴剤マニア「かける」

お風呂が好きで色々な入浴剤を使うので、「この経験をほかの人にも共有できれば」と考え、サイトを作りました。自分が感じたリアルな情報をお届けします!

オススメ記事

1

「お風呂でゆったりノンストレスな時間を楽しみたい・・・」 「たまには特別なお風呂でゴージャスな気分を・・・」と考えているそこのあなた。 そんなあなたにはバスバッグ系の入浴剤がおすすめです! バスバッグ ...

2

僕はこれまでに100種以上の入浴剤を使い、このブログでレビューしてきました。 今回はその中から僕がオススメする入浴剤を10つ、ランキング形式で紹介します! 実際にいろいろな入浴剤を使ってレビューしてき ...

-変わり種入浴剤
-

Copyright© お風呂の時間 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.