泡風呂入浴剤

豆乳泡風呂レビュー

更新日:

今回は豆乳泡風呂というちょっと変わった入浴剤を使ってみました!

泡風呂×豆乳という斬新な組み合わせ。なかなかそそりますよね。

泡風呂としてだけでなく大豆エキスによる美肌効果も期待できるのがこの入浴剤の良さなのですが、使ってみると少し残念なポイントが見つかりました。

思ってた以上に泡立ち、泡持ちが悪かったのです。

手でかきまぜても泡がなかなか増えない、それどころか作った泡もすぐに消えてしまうような泡風呂でした。

とは言っても、この入浴剤の良さは他にあるので、その良さが伝わるようなレビューをしようと思います。





豆乳泡風呂。何が良いの?

まずは、使う前に豆乳泡風呂の効果をおさらいしておきましょう。

↑これは入浴剤が入っている袋のウラを撮った写真。

「豆乳のこく泡ぢからでぷるるん美肌仕立て」と書かれています。

泡風呂というと ただ泡が楽しいだけのお風呂がふつうですが、この豆乳泡風呂の場合は大豆エキスヒアルロン酸による美肌効果まで持ち合わせているようです。

大豆エキスはともかく、ヒアルロン酸は高い保湿効果をもっていることで知られているので、ヒアルロン酸が多く配合されていれば充分に効果を得ることができるでしょう。

あとは、大豆エキスがどれだけの効果を発揮してくれるのか・・・そこにかかっていますね。

僕はひねくれ者なので「商品のインパクトを強くするために豆乳を使っているだけで大豆エキスの効果自体はたいしたことないだろう」という考えが本音ですがどうなのでしょう。

実際に使ってみようと思います!

泡風呂作り

それでは、入浴剤を使って豆乳泡風呂を作っていきましょう。

なかなか目につくパッケージ。舞子さんの存在もあいまって、を感じる日本人好み(僕好み)の見た目をしています。

さらに豆乳という他の入浴剤にはない要素があるのですから・・・気になちゃって。

買っちゃいました。

泡風呂というとキャラクターがデザインされている子供用のものが一般的ですが、最近は大人用の泡風呂入浴剤も増えていますし豆乳泡風呂はどんなお風呂なのか気になりますね。

泡風呂入浴剤は泡立ちが肝心。

泡がたつように入浴剤を浴槽のそこにセットしてからお湯を入れることにしました。

この使用方法は入浴剤の入っている袋にも書かれており、すでにお湯をはっている場合はシャワーで泡をたてればいいみたいです。

お湯を投入。

浴槽の底に粉が固まってしまっていたので手で溶かしてからお湯が溜まるのを待つことにしました。

けっこうお湯も泡もたまってきましたね。

良い感じです。

この時点では普通の泡風呂とかわらず泡立ちもいいし泡のキメも細かくて気持ちのいい入浴ができそうな雰囲気です。

泡を手に取ってみました。

どんな泡かと聞かれると難しいですが、この前使った入浴剤の泡とろ泡とろのレビューはこちら)という泡風呂に比べると、泡のモチモチ感がありません。

なんというかヤワい感じのコシのない泡をしています。

まあ、お風呂に入ってみると印象が変わるかもしれないので、また後でどんな泡だったか話しましょう。

ちなみに泡をどかすとこんなお湯です。

少し黄色がかった透明なお湯で、香りはかすかに柚子の香りがする程度です。

この前買ったにごり湯紀行というめちゃ安い入浴剤の香りに似ていたので目新しさは感じませんでした。(にごり湯紀行のレビューはこちら

お風呂に入る前にシャワーでもう1段階 泡をたてて豆乳泡風呂の完成です!

シャワーで泡立てる前にくらべてかなり泡が増えましたね。シャワー様々です。

それでは、このモフモフな泡風呂で入浴してきます!




入浴した感想

コンセプトは泡風呂×豆乳という面白い入浴剤でしたが、泡風呂としてはいまひとつな使い心地でした。

肌にやさしい素材を使っているからなのか。泡立ちが弱く、入浴していたら泡がどんどん減っていくような泡持ちの悪さだったのです。

しかし、肌にやさしい素材のおかげで保湿効果を感じられたのも事実で、キュレルビオレUといったスキンケア入浴剤を使ったときに近い効果を得られました。

なので、この豆乳泡風呂は肌がひとに比べて弱いけど、それを気にせず泡風呂を楽しみたい人向けの入浴剤だといえるでしょう。

肌がよわいお子さんとの入浴に遣うのがベストかもしれません。

では、僕がこの入浴剤をつかって感じたことをポイントごとに話していきましょう。

泡はヤワヤワ。トロッとした触り心地。

何回も言っていますが、この泡風呂の泡はかなりやわらかいです。

泡をすくったときにモチッと手にとどまる泡というよりは、手の隙間からトロッと落ちるような重たい泡とも言えそうです。

これに関してはパッケージにも「とろ~り吸い付く」と書かれているので、もともとそういう泡風呂として作られているのでしょう。

泡がやわらかいことは別に良いのですが、この泡風呂の泡持ちの悪さは欠点だと言えそうです。

せっかく泡を立てても泡を触るとすぐにパチパチとはじけるものですから、泡でおもいっきり遊びたい!というひとには向いていません。

僕は入浴しながら泡を立てるのが面倒だったので、最初に立てた泡だけで入浴していたらお風呂から上がるときにはこんなに泡が減っていました。

他の泡風呂だったら泡をなくすことはほぼ不可能なのに、この豆乳泡風呂だと簡単に泡をなくせてしまいそうです。

シャワーを使えば泡は復活しますが明らかに泡立ちも悪いので、純粋に泡風呂を楽しみたい人は違う泡風呂入浴剤を使いましょう。

保湿効果はバッチリ!

僕は乾燥肌をもっていて、入浴剤を使わなかったり保湿効果のうすい入浴剤のお湯で入浴すると入浴後にかならず肌が乾燥してかゆくなります。

まあ、ボディクリームを塗ればすむ話なのですが、保湿効果をもっている入浴剤をつかってお風呂に入ると肌がかゆくなることもなくボディクリームを塗る必要もなくなるので、できるだけ保湿効果のたかい入浴剤を使うようにしています。

その点、今回使った豆乳泡風呂は、入浴後にボディクリームを塗らなくてもいいくらいの保湿効果をもっていたので僕的にはうれしい入浴剤でした。

そうした点を考えると、僕のように肌が弱い人にはもってこいの泡風呂なのかもしれません。

どこで買える?

この入浴剤はその辺にある薬局で買うことができます。

わりとどこにでもあるイメージの入浴剤なのでネットで買うよりかは近くの薬局やホームセンターを見てみる方が早いと思います。

↓一応アマゾンでも見てみましたが、あきらかに高かったのでネットで買うのはオススメしません。

〈amazon〉舞妓はんのおこしらえ湯 豆乳泡風呂30g




まとめ

豆乳を使っているということに引きつけられて購入した豆乳泡風呂入浴剤ですが、わりと思っていた通りの使い心地でした。

もう一度使うかと聞かれたら答えはNOですが、人によっては他の泡風呂入浴剤より使いやすい肌へのやさしさなので、ぜひ1度使ってみることをオススメします。

  • この記事を書いた人

入浴剤大好きかけるん

お風呂が好きで色々な入浴剤を使うので、「この経験をほかの人にも共有できれば」と考え、サイトを作りました。自分が感じたリアルな情報をお届けします!

オススメ記事

1

僕はこれまでに100種以上の入浴剤を使い、このブログでレビューしてきました。 今回はその中から僕がオススメする入浴剤を10つ、ランキング形式で紹介します!   実際にいろいろな入浴剤を使って ...

-泡風呂入浴剤
-

Copyright© お風呂の時間 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.