生薬系入浴剤

マツダ浴精レビュー

更新日:

今回はマツダ浴精というパックタイプの入浴剤を使いました!

 

浴精は、生薬(植物)を細かくした物をパックに詰めた、紅茶のティーバッグのような入浴剤。

植物をそのまま使っていることもあり、入浴効果が強力でとても温まる入浴剤だったのですが…

香料と着色料が使われているので、僕はそれが少し気になりました。

 

悪くはないのですが特別に良いモノでもなかったので、それほどオススメではありません。

では、浴精のレビューを始めます!

こんな方におすすめ

  • 身体をしっかりと温めたい人

 




どんな入浴剤?使ってみる。

それでは、浴精を実際に使ったときの写真を載せながらどんな入浴剤だったのか話していこうと思います。

こちらの入浴剤が今回使った浴精になります↓

薬局で一回分が売ってあったのでそれを買いました。

箱で複数回分が売られているので、そっちを買っても良かったのですが金欠で…

ちょっとお値段が高めの箱は諦めました。

 

まぁ、一回使えればどんな入浴剤かは分かりますし、「良ければまた箱で買う」という意味でも1回分を買いました。

結果としては、リピート買いはしない方向になったのですが・・・それはまた後ほど(笑)

さっそく袋からパックを出してみました。

かわいい?デザインですよね。

パックはかなり分厚く、わざと破ろうとしても難しいのでふいに破ける可能性はありません。

袋の中身は?

袋の中には生薬(植物)を粉末にしたものが入っています。

このタイプの入浴剤をレビューするときは、パックを破って中身を見ることをいつもしているのですが、、、

今回は一袋しか買ってないのでできませんでした。

袋の裏を見てみると成分表が書いてあります。

 

まず、カンゾウ末・ショウキョウ末・ガイヨウなどなど、生薬成分の名前があります。

カンゾウ末・ショウキョウ末・ガイヨウというと「なんだそれ?」となりますが、ショウキョウ末は生姜ですし、ガイヨウはヨモギのことです。

カンゾウ末も甘草という馴染みの植物なので、身近な植物でこの入浴剤の生薬成分は成り立っているということですね。

 

と、その次に気になるのが「黄色202号の1という着色料」と「香料」です。

黄色202号の1というと、タール系色素なので身体に良いものではありません。

まあそれ自体は色々な物に使われているので危険性はほぼありませんが、せっかくの生薬成分の色と香りを着色料と香料で上書きしてしまうのはどうかと思います。

どうせなら、自然な雰囲気を楽しみたいものですよね。

入浴剤投入

入浴剤をお風呂に投入しました。ちゃぽん、と。

写真では伝わりませんが、すぐに色が溶け出しました。

じわ〜っと生薬から成分の色がしみ出るというよりかは、着色料がただ単に溶け出ている感じです。

 

そして、お湯に成分が完全に溶け出た写真がこちらになります。

お湯は黄緑色。

僕的にはこの色を不自然に感じるのですが、あなたはどうでしょうか。

色や香りについてあまりしつこく言っても仕方がないのですが、僕は生薬本来の成分を楽しめるところに生薬系入浴剤の良さがあると思っているので、このポイントは譲れません。

生薬系入浴剤を使うのなら絶対に生薬100%の商品を使うべき。

突き詰めて言うのであれば、植物の良さが活きている入浴剤がベストです。

 

といったところで、このお風呂で実際に入浴した感想に移ろうと思います!

入浴した感想

マツダ浴精を使ったお風呂で入浴してきました。

 

初めてマツダ浴精を使いましたが、僕としては残念ポイントが印象にのこる結果となってしまいました。

もちろん、身体を温める素晴らしい効果も持ち合わせているのですが、香り・お湯色が気になりすぎて…

味はサンマなのに見た目がイワシ、みたいな微妙な食い違いを感じました。(なにそれ)

 

それでは、気になったポイントごとにまとめていきましょう。

身体が程よく温まる

生薬独特のジンワリ温まる心地よさを持っています。

バスソルトや炭酸系の入浴剤は、入浴した瞬間にグッと短時間で体温を上げてくれるのですが、生薬を使った入浴剤は徐々に体の芯からゆっくりと温めてくれます。

なので、入浴後しばらくはずっとポカポカしていて気持ちが良いです。

体温がいっきに上がらないので、お年寄りや子供にも安心して使うことができます!

お湯が・・・香りが・・・

これまで散々にお湯色と香りについて話しましたが、もう少し。

 

ほんと、生薬系の入浴剤は、生薬本来の香りや色が良いところなのにそれを潰しているかのような着色料と香料だったのです。

普通は普通なのですが、色々な良い入浴剤を使ってきた僕としては、平均点よりちょい下です。

臭いわけでもなくて色が蛍光色なわけでもなく、他の入浴剤だったら「良い香りです〜」とレビューするような香りなのですが、この入浴剤に関しては何か違う。

まぁ、気にならない人は気にならないと思うので、そんなに気にしないで下さい。(笑)

僕の独断と偏見で言うとそんな感じでした。

 

ちなみに、同じ会社から販売されているグルード漢浴泉という生薬入浴剤は生薬100%で良い雰囲気を楽しめるモノでした。

グルード漢浴泉〈薬草入浴剤〉レビュー

今回はグルード漢浴泉という薬草入浴剤を使ってみました!   このグルード漢浴泉は9つの生薬のみを使用した入浴剤で、 質の高い生薬が使われているため身体を温める効果がつよく、血行を良くすること ...

続きを見る

肌にも異常なし

僕はそこそこな乾燥肌なのですが、何の問題もなく入浴することができました。

ピリピリもキシキシもありませんでした!

刺激は強くないので安心して使ってください。

 

生姜、ヨモギなどが含まれているのでアレルギーを持っている人は注意が必要です。

どこで買える?

この入浴剤はたくさんのお店で取り扱われているので簡単に手に入れることができます。

イイネポイントですね。

なので、あなたも薬局でこの入浴剤を買って、生薬系入浴剤の良さに目覚めちゃいましょう。

生薬系入浴剤は本当に良いモノばかりなので、いろいろな種類を使ってみることをオススメします。

まとめ

数ある生薬系入浴剤と比べるとイマイチな使い心地でしたが、生薬系入浴剤デビューするにはバランスのちょうど良い入浴剤でした。

薬局やホームセンターで見つけた際には買って試してみて下さい。

生薬が使われている入浴剤まとめ

お風呂でしっかりと温まりたい!リラックスもできればもっといいな・・・ と考えているそこのあなた! そんなあなたに僕は生薬を使った入浴剤をオススメします。   生薬とはハーブや漢方に使われる植 ...

続きを見る




  • この記事を書いた人

入浴剤大好きかけるん

お風呂が好きで色々な入浴剤を使うので、「この経験をほかの人にも共有できれば」と考え、サイトを作りました。自分が感じたリアルな情報をお届けします!

オススメ記事

1

僕はこれまでに100種以上の入浴剤を使い、このブログでレビューしてきました。 今回はその中から僕がオススメする入浴剤を10つ、ランキング形式で紹介します!   実際にいろいろな入浴剤を使って ...

-生薬系入浴剤
-,

Copyright© お風呂の時間 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.