バスソルト系入浴剤

無印良品入浴剤レビュー

更新日:

この記事で紹介するのは無印良品から販売されている入浴剤です!

無印良品というと、良質の家具や雑貨、食品を取り扱っているお店なイメージですが、入浴剤もなかなか良質なものが揃っています。

無印良品らしい素材を生かした使い心地、オシャレなデザインを持ち備えているので、プレゼントとして人に渡しても喜ばれる入浴剤だといえるでしょう。

また、種類が多いので色々な香りを楽しむ。という使い方ができるのもバッチグーであります(^_^)b

今回は、その中から僕が厳選した4種類を紹介したいと思います。





入浴するまでの準備

さっそく、お風呂に入るために入浴剤をお風呂に溶かしていきます!

上では、この記事で無印良品の入浴剤を4種類紹介すると言っているのですが、現段階では2種類しか使えてないので、その2種類(ミルクの香りヒノキの香り)を同時に紹介していきたいと思います。

まずは、袋から出したときの写真になります。

ミルクの香りの方はキメが細かいですが、バスソルトのヒノキの香りの方はバスソルトの粗い粒とヒノキの細かい粉が混ざったような感じですね!

同じ無印良品の入浴剤でもこれだけの違いがあると分かると、全種類使ってみたくなります(・∀・)

お風呂に投入しました!

ミルクの入浴剤は溶け方もきめ細かく、お風呂に入る前から良い入浴剤だと感じさせられます(´。`)

無印の入浴剤にはバスソルト系が多く、それ以外の種類は微妙なのかな。なんて思っていましたが、そんなことはなさそうですね。

入浴剤がお湯に溶けた写真がこちらになります。

ミルクの香りの方が乳白色、バスソルト ヒノキの香りの方が少し黄色がかった色ですね。

にごりもちょうど良い感じでリラックスのできる雰囲気を作ってくれています(~o~)

香りの方も主張が激しくない穏やかなもので、非の打ち所がありません!

正直に言うと、最初は「無印良品の入浴剤なんてたいしたことないだろ」と思っていましたが、予想のはるか上を行く使い心地だったので僕はビックリしています。

それでは、入浴をした感想に移っていきましょう(^_^)/

入浴した感想

雑貨屋に置いてある入浴剤は、外見はオシャレだけど中身が微妙・・・というものが多いのですが、無印良品の入浴剤は一味違いました。

その使い心地は、「無印良品の入浴剤がこんなに良いことを知らなかったなんて損じゃないのか...?!」と感じるほどで、あなたにもオススメしたくなるほどです(・∀・)

というより間違いなくオススメです!

では、オススメしたい訳を細かくポイントごとに話していくとしましょう。

素材へのこだわりから生まれる心地よさ

この入浴剤は良い意味で「無難」な使い心地をしています。

あなたも無印良品の商品全てに共通してそんな印象を受けませんか?

見た目は無難、機能も無難、なのに使っていて心地良い、使いたいと思わせるあの感じです(゚_゚)

それはやっぱり、こだわり抜いた素材を良いあんばいで使っているからだと僕は感じました。

クセが少なく家族全員が満足することのできる使いやすさが他の入浴剤に比べて際立っているのが無印良品の入浴剤です。

香り良し

この入浴剤を使っていて素材感をよりよく感じたのが香りです。

今回はミルクの香りとバスソルト ヒノキの香りを使いましたが、

ミルク香りの方は、ミルクの甘みを感じられる優しい香りでありながら、入浴の邪魔にならないくらいの良いラインをいってくれています。

もう少しでも甘みが強い香りだったら入浴中に気になって仕方がないものになっていたでしょう。

ヒノキの香りの方は、バスソルトでありながらヒノキの香ばしさが引き立つ素晴らしさで、バスソルトにありがちな人工香料感を微塵も感じません。

つまり!無印バンザイ!ですね( ^o^)ノ

種類それぞれに個性がある

無印の入浴剤には色々な種類があるのですが、1つ1つが全く違った特徴を持っています。

他の入浴剤だと同じシリーズだと香りが違うだけ・・・が当たり前ですが、無印良品の入浴剤はそれがないのです。

具体的に、ミルクの香りは身体を温める効果がぼちぼちなのに対してバスソルト ヒノキの香りの方はガンガンに身体を温める効果があったり、ミルクの香りが肌をシットリにするのに対してバスソルト ヒノキの香りの方は肌をスベスベにする効果を持っていたりと全然違います。

全種類を使う価値がある入浴剤だと言えるでしょう(^^)/

コストパフォーマンス

これは無印良品全体に言えることですが「価格は少しお高め、だけど満足度はそれ以上」てな感じで、同じように入浴剤もコストパフォーマンスが素晴らしいです。

というか1回が50円~なので普通に安いです!(・∀・)

しかもそれは個装タイプでの話で、500グラムの大容量タイプではもっと安くなるのでそちらを買うとコスパは素晴らしいことになりますよ。

これですね↓


アマゾンで見てみたのですが店舗価格よりだいぶ高かったので、お店に行って買うのがよいと思います!



追記:他の種類も入ってみた

他の種類も使ってみたので追記しておきます。

ラベンダー&ゼラニウムの香り

これはバスソルトのラベンダー&ゼラニウムの香りを使ったときの写真です。

ラベンダーとゼラニウムはどちらもお花の名前なので、当然ですがお花の香りがしましたね(~o~)

特にラベンダーの香りが強い匂いでした。クサくはないですが控えめな香りではないと感じます。

バスソルトとしては、上で紹介しているヒノキの香りと同じようにしっかりと身体を温めてくれ、効能に違いはありませんでした。

レモングラスの香り

バスソルトのレモングラスの香りも使ってみました。

香りはバスクリンマルシェ、レモングラスの香りにかなり似ていて、それのバスソルトバージョンといった印象です。

レモングラスの香りはレモンのすっぱい香りに甘みをプラスしたような匂いなので、苦手な人もいるかもしれません。

バスソルトとしての効能はこれも変わりませんでした。

まとめ

今回は無印良品の入浴剤を紹介しましたが、この商品は紹介する必要が無いほど安定感のあるものでした。

普通に無印良品。って感じで買って損がないものです。

僕はまだ2種類しか使ってないので、他の種類を使い次第記に足していこうと思います(^_^)b

  • この記事を書いた人

入浴剤マニア「かける」

お風呂が好きで色々な入浴剤を使うので、「この経験をほかの人にも共有できれば」と考え、サイトを作りました。自分が感じたリアルな情報をお届けします!

オススメ記事

1

「お風呂でゆったりノンストレスな時間を楽しみたい・・・」 「たまには特別なお風呂でゴージャスな気分を・・・」と考えているそこのあなた。 そんなあなたにはバスバッグ系の入浴剤がおすすめです! バスバッグ ...

2

僕はこれまでに100種以上の入浴剤を使い、このブログでレビューしてきました。 今回はその中から僕がオススメする入浴剤を10つ、ランキング形式で紹介します! 実際にいろいろな入浴剤を使ってレビューしてき ...

-バスソルト系入浴剤
-

Copyright© お風呂の時間 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.