生薬系入浴剤

ツムラのくすり湯レビュー

更新日:

今回紹介するのは、ツムラのくすり湯という入浴剤です!

 

この入浴剤は僕のばあちゃんがよく使っていたもので、ばあちゃんちに頻繁に泊まりに行っていた僕にとっては思い出の品となっています。

落ち着く香り、身体がぬくぬくになる確かな効果、今 思えば僕たち孫のためにお風呂に入れてくれていたのかもしれませんね。

 

昔を感じさせる使い心地でありながら、今ある入浴剤の中でも優秀なポジションにあるツムラのくすり湯。

リピーターが多いため、安心して使えうことができます!

 

そんなツムラのくすり湯がどんな入浴剤なのか、愛される理由をお伝えしようと思います。

こんな方におすすめ

  • 冷え性に悩んでいるひと
  • 安心感のあるしっかりとした効果を持った入浴剤を探しているひと




どんな入浴剤?使ってみる

それでは、ツムラのくすり湯を使ったときの写真を載せながら、どんなものなのか話していこうと思います。

 

さっそく、↓こちら↓が今回紹介するツムラのくすり湯です。

このなんとも言えない効きそうな見た目。

見た目から入るタイプの僕のツボをきちんと押さえてくれています。

 

この入浴剤は「ツムラのくすり湯」という名前の通り、「漢方のツムラ」という会社によって販売されています。

漢方の」とあるようにツムラは漢方の取り扱いに長けた会社なので、ツムラのくすり湯にも自慢の漢方成分が使われているわけです。

 

その証拠に、箱の下の方にも「薬用 生薬入浴液」と書かれていますよね。

冷え性に効果のある入浴剤として有名なツムラのくすり湯ですが、その効果は生薬エキスによる効果だというワケです。

 

ちなみに、販売しているのは漢方のツムラですが、製造しているのは入浴剤業界大手のバスクリンなので、品質に問題はありません。

1回に使う量は写真のようにキャップで量ることができます。

 

使用法の欄には、使用量が3~10㎖と範囲がかなりおおざっぱに書かれていますが、何回か使えば適量がわかるでしょう。

 

とりあえず、僕は濃いお風呂に入りたかったので、10㎖で量ってみました。(写真の量)

 

ボトルに入っている総量が210㎖なので、1回10㎖の使用で21回分になるようです。

1回に使う量を3㎖に抑えるのであれば、、、なんと70回も使えます!(笑)

使い方を工夫すればどの入浴剤よりもコスパがいいのかもしれませんね。

 

コスパがいい入浴剤と言えばパインハイセンスもオススメです。

パインハイセンスレビュー

今回はパインハイセンスを使ってみたので紹介します! パインハイセンスは「THEコストパフォーマンス」。 これぞコスパ最強な入浴剤です。 僕はこれまでに100種類以上の入浴剤をこのブログで紹介してきまし ...

続きを見る

投入です。

入れた瞬間に湯面にスーっと溶けていきました。

 

お湯のの表面に均等に広がる様子には、植物の上質な油分を感じますね。

 

使用量の上限である10㎖を使いましたが、心の中では「キャップ1杯だけだったら少ないんじゃないの?」と思っていました。

ですが、このお風呂になじんでいく様子を見ると10㎖で丁度良かったのだとわかります。

もはや10㎖と言わず、5㎖でもいけそう。

僕は42回使えそうです。

お湯に完全に溶けた写真がこちら↑

 

見ての通り、黄緑色?のようなお湯の色でにごりはいっさいありません。

おばあちゃんちで入っていたツムラのくすり湯のお風呂を思い出します。

 

お湯の表面をよく見ると、油分がかすかに広がっているのがわかり(気にしないとわからないレベルで)、保湿成分にも期待ができそうです。

 

それと、結構お湯に色がついていますが、このお湯の残り湯は洗濯に使用することができるようです!

ただし、すすぎとつけおき、柔軟仕上げを強くかけた衣類には使えないようなので気をつけて下さい。

 

では、久しぶりにこの入浴剤でお風呂に入った感想に移りたいと思います!

入浴した感想

はい!ツムラのくすり湯を使ったお風呂に入りました。

 

やはり、とても使い心地の良い入浴剤でしたね。

ばあちゃんちでこの入浴剤を使ったお風呂には何度も入っているので、良い入浴剤だということは分かっていたのですが、それを再確認することができて良かったです。

 

「とても温まる」と、この入浴剤の良さはそのひとことに詰まっています。

ツムラのくすり湯を使った10人中7人、いや、8人がその効果に満足するでしょう。

 

それでは、ポイントごとにこの入浴剤を見ていきます。

香り

僕がこの入浴剤を好きな理由の1つに、リラックスできる香りにあります。

 

香りについて、入浴剤の説明には「柑橘系の香りと生薬独特の香り」と書かれていますが、使ってみると柑橘系の香りはあまり感じません。

しかし、生薬独特の香りという表現はわりと合っていて、漢方の香りから苦み成分を抜いたような香りに僕は思います。

 

その生薬成分独特な香りによって、どこか懐かしい雰囲気の中で自然と身体がリラックスしていく。

そんな感じの使い心地が僕は大好きなのです。

 

生薬成分が特徴的な入浴剤として、薬草湯や御嶽山入浴剤もオススメです。

その2つは生薬を直接パック詰めしている入浴剤(紅茶のティーバッグみたいな)なので、より生薬成分独特の使い心地を楽しむことができます。

薬草湯レビュー

今回は僕の大好きな薬草湯という入浴剤の紹介です!   薬草湯はその名の通り生薬を使った心温まる入浴剤です。 しかも「エキスを使っています」というわけではなく、大胆にも生薬そのままを使っている ...

続きを見る

御嶽山入浴剤レビュー

今回紹介するのは御嶽山入浴剤です! 御嶽山入浴剤は、8種類の生薬をテーパックのような袋につめた生薬100%の入浴剤で、身体が温まること間違いなしの一品(逸品)です! なんというか、漢方ティックなお風呂 ...

続きを見る

温浴効果

この入浴剤を使うとしっかりと温まることができます!

 

実際に僕がこの入浴剤を買った薬局でも「冷え性に効く入浴剤」として特集コーナーが開かれていたので、その効果は周知の事実なのでしょう。

僕自身もその効果は本物だと感じますし、使わないと使うとでは温まり方が確かに違うのです。

 

もしあなたが冷え性に悩んでいてこの記事にたどり着いたのであれば、僕は迷うことなくこの入浴剤を勧めますし、今すぐに買って今日から使うべきだと断言できます。

 

それくらい、この入浴剤は身体をポカポカにしてくれるので、ぜひ使ってみて下さい。

もちろん、入浴後の冷え性対策もきちんと行なわなければいけません。

 

冷え性対策に入浴剤を使うのならバスソルト系もオススメです。

バスソルトまとめ

バスソルトをレビューした記事がたまってきたのでわかりやすくまとめることにしました! バスソルトは、身体をじわ~っと温めてくれ肌もツルツルにしてくれる素晴らしい入浴剤です(´。`) さらに最近のバスソル ...

続きを見る

コスパ

僕はこの入浴剤(210㎖)を薬局で1900円くらいで買いました。

 

それが21回使えるので、1900円÷21回で1回分がだいたい90円になりますね。

一回分が90円となると、1回分30円くらいのバブやそれ以下のバスクリンと比べてかなりお高めです。

 

しかし、コストパフォーマンスは良いのでそれを損だと思ってはいけません。

この入浴剤には1回分90円以上の価値があるのです。

 

その証拠にこの入浴剤の販売期間は長く、ヒット商品として入浴剤業界に君臨しています。

定番系の商品はamazonで安くなる傾向にあるので、下のボタンからチェックしてみて下さい。

おそらく、薬局よりも安いはずです。



まとめ

僕はこの入浴剤を小さな頃から知っているので良いものだということも知っていますが、

その存在すら知らない人がいると思うと「良さを知って貰いたい!」と思います。

 

買って使い切れない入浴剤ではないので、機会があれば買って試してみて欲しい入浴剤ですね。

  • この記事を書いた人

入浴剤大好きかけるん

お風呂が好きで色々な入浴剤を使うので、「この経験をほかの人にも共有できれば」と考え、サイトを作りました。自分が感じたリアルな情報をお届けします!

オススメ記事

1

僕はこれまでに100種以上の入浴剤を使い、このブログでレビューしてきました。 今回はその中から僕がオススメする入浴剤を10つ、ランキング形式で紹介します!   実際にいろいろな入浴剤を使って ...

-生薬系入浴剤
-,

Copyright© お風呂の時間 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.