入浴のススメ

入浴中に息苦しくなるのはなぜ?

更新日:

あなたは入浴中に息苦しくなったことがあるでしょうか?

突然息苦しくなると自分は病気なのではないだろうか?と心配になりますよね。

僕も前に息苦しくなったときに心配になって色々調べたことがあるので、今回はその息苦しくなる原因について話そうと思います。

入浴中に息苦しくなる原因

さっそく本題に入りますが、入浴中に息苦しくなる原因はズバリ静水圧作用にあります。

言葉の中に水圧とあるように、静水圧作用とは湯船に入っているお湯の重さが身体にかかることで起こる作用のことです。

湯船に入っているお湯はそれほど多いものではありませんが、僕たちが思っている以上にその力は大きく、時と場合によっては静水圧作用によって息苦しくなってしまうことがあるのです。

静水圧作用が大きくなるのは

息苦しくなる原因が静水圧作用にあるとわかればイメージできると思いますが、入浴中に息苦しくなるのは静水圧作用が大きくなっているときです。

水圧の力が大きくなることで横隔膜が押し上げられ肺が圧迫されて息苦しくなるのです。

僕の幼稚な絵を見てもらうとわかるとおり、湯船に入れるお湯の量が多いほど静水圧作用は強くなるのがわかるでしょうか。

水圧は水深が深くなるほど強くなり、多い量のお湯を湯船に入れるとそれだけ水圧も大きくなり内臓が圧迫されるのです。

なので、本当は下に行くほど矢印(水圧の力)を大きくするべきだったのですが、この図を書いているときは気づきませんでしたすみません。

お湯が多いほど大きくなる静水圧作用ですが、同じ静水圧作用の大きさでも筋力が衰えることによって息苦しさを感じるようにもなるので、自分に合った水量で入浴することが大切です。

静水圧作用のメリット

息苦しさを起こす原因である静水圧作用ですが、悪いことばかりではありません。

静水圧作用によって横隔膜が押し上げられるように同じ現象が身体の色々な部分で起こっています。

身体に圧がかかることでマッサージのような効果を期待できるのです。

足や腕の血液が圧迫され心臓に押し戻されることで入浴後に血液の循環が良くなり、老廃物や疲れを取り除いてくれます。

この効果を理解して上手く活用すればむくみも簡単にとることができるので、興味を持たれた方は静水圧作用についてもっと調べてみて下さい。

静水圧作用とうまく付き合うことが大切

入浴中に息苦しくなる原因が静水圧作用によるものだとわかったわけですが、同時に静水圧作用によるメリットも知ってもらえたと思います。

お湯の量が多くなるほど静水圧作用も大きくなりマッサージ効果もより多く得られますが、それが息苦しさにつながると元も子もないでしょう。

肺や心臓に持病をがある方や年をとって筋力が衰えている方はその息苦しさが大きな危険となりますし、自分の身体、体調に合った水位で入浴をするようにすることが大切です。

また、いつもと同じお湯の量で入浴をしているのにある日を境に息苦しく感じるようになったという方は、身体に何らかの変化が起きている証拠でもあるので病院で診てもらうようにすることをオススメします。

  • この記事を書いた人

入浴剤大好きかけるん

お風呂が好きで色々な入浴剤を使うので、「この経験をほかの人にも共有できれば」と考え、サイトを作りました。自分が感じたリアルな情報をお届けします!

オススメ記事

1

僕はこれまでに100種以上の入浴剤を使い、このブログでレビューしてきました。 今回はその中から僕がオススメする入浴剤を10つ、ランキング形式で紹介します!   実際にいろいろな入浴剤を使って ...

-入浴のススメ

Copyright© お風呂の時間 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.