清涼系入浴剤

バブ【メディケイティッド(冷涼クール)】レビュー

更新日:

・(商品名)バブ【メディケイティッド(冷涼クール)】
・(メーカー)花王


バブは入浴剤の中でもメジャー中のメジャー商品なので誰もが知っているのではないでしょうか。

では、その「バブ」に「メディケイティッド」というシリーズがあることをあなたは知っていますか?

知らないあなたのために簡単に説明すると、メディケイティッドシリーズとはバブの炭酸強化バージョンです。

そのため、普通のバブに比べて身体を強く温めてくれるのですが、そのメディケイティッドシリーズに「冷涼クール」という種類があったので購入してみました!

この商品を最初に見たとき、

ん??身体を温める効果が強いのに冷感???どうこと...?

と感じましたが、どうやらこの商品は「温める力」と「爽快感」を両立してしまった入浴剤みたいです。すごいですよね。

では、その宣伝文句は本物なのかレビューしていきたいと思います。

冷涼クールの魅力は??

まず、簡単に僕が冷涼クールの魅力だと感じた部分をまとめてみました。

冷涼クールの魅力をざざっとまとめると...

  • 身体を温める力が半端ない
  • メントール配合による冷涼感
  • 一回分約100円と他の入浴剤に比べてお高め。だけどそれだけの効果を期待できる
  • バブという安心ブランド

てな感じです。

どんな入浴剤?

箱の中には個装された入浴剤が6つ入っています。

薬局で1箱がだいたい600円で売っているので、一錠が約100円することになりますね...お高い!!

普通のバブ(これ以降ノーマルバブと言います)だと一錠が約30円なのでお値段的にはノーマルバブ3錠分となっています。

つまり、ノーマルバブ3錠分の満足度が得られなければこの入浴剤を使う意味はないことになります!(勝手に断言)

ノーマルバブ3錠分のお値段がするこの商品ですが、この写真↑を見てわかるとおり泡の数においてはノーマルバブと比べて10倍の数を誇るようです。すばらしい!

袋から出してみると↑このような錠剤が入っています。

泡の数10倍なだけあって錠剤もノーマルバブより少し大きめに感じますね。特別感があってグットです。

お湯に入れてみると泡を出しながら溶けていきます。(当然ですが)

この時点で、泡の数の違いがわかるか?!としばらく見ていましたが、ぶっちゃけ分かりませんでした(笑)

ちなみにバブを使った正しい入浴のタイミングは錠剤が溶けきってからです。

まあ、これに関しては炭酸が多くお湯に溶けていた方が効果が出ると考えれば当然だと言えるでしょう。

さらに付け足すと、炭酸の効果が持つ時間はだいたい2時間と販売している花王が言っているので、2時間以内に入るようにしたほうが良いです。

これが錠剤が全て溶けきったお湯です。

商品の説明にはナイルブルーとお湯の色が書かれており、その通り青い色をしたお湯になります。

個人的にナイルブルーという単語が気になったので調べてみたのですが、どうやら青ナイル川と呼ばれるナイル川に関連した川の水の色を由来としているようです。

なかなか渋い場所の色を表現していますね...

実際のお湯の色は写真ではわかりにくいですが、結構濃いめの青色で僕はもう少し薄めのほうが落ち着けるのではと感じました。

次に香りについてですが、思っていたよりキツくありません。

レモングラスの香りと書かれているとおりフレッシュな涼しい気分にさせてくれる香りです。

入浴してみると?

では、実際に入浴してみるとどうでしょうか。

温浴効果絶大

入浴した第一の感想としては「めっちゃ温まる!」ということです。

疲れなんて吹き飛びます。本当に。

なので僕はこの入浴剤を特に疲れた日の秘密兵器として使っています。

僕は普段、38度弱のお湯で10分ほど入浴するのですが、

この入浴剤を使うと入浴開始から5分たった頃には身体が温まって暑くて暑くて限界になりおもわず湯船から出てしまうほどです。

身体が温まることで体温が上がり血液の流れが良くなるのですが、この入浴剤はそれを簡単に実現させることができます。

似ている入浴剤で、バスクリン株式会社が販売しているきき湯【FINE HEAT】というのがあるのですが、温浴効果ではバブのメディケイティッドシリーズはそれに勝ると言えるでしょう。

肝心の冷涼感は?!

ここまでで「身体がめちゃ温まる」ことを話しましたが、肝心の「冷涼感」についてこれから話します。

ぶっちゃけ言うと冷涼感はあまり感じませんでした。他の夏用入浴剤と比べると。

結構期待していたのに残念です。

僕のイメージでの冷涼感というと、皮膚がスースーしてキンキンする感じですが(笑)、僕はそれをこの入浴剤から全く感じられませんでした。

もししかすると僕の入浴時間が短かったのが原因で効果を得られなかったのかもしれません。

ただ、同じメディケイティッドシリーズの他の種類(夏用ではないもの)と比べると、入浴後の肌のほてりが抑えられるのはこの冷涼クールという種類だけに感じたので、そうした効果があることに間違いはありません。

まとめ

お値段が高いのですが、その分の満足度は十分に感じることができました。

特に疲れた日に使うとより効果を実感できるので、身体がけだるいときにぜひ使ってみてください。

「秘密兵器使うぞ!」と思いながら入浴するだけでも疲れのとれは違うはずですよ♪

  • この記事を書いた人

入浴剤マニア「かける」

お風呂が好きで色々な入浴剤を使うので、「この経験をほかの人にも共有できれば」と考え、サイトを作りました。自分が感じたリアルな情報をお届けします!

オススメ記事

1

「お風呂でゆったりノンストレスな時間を楽しみたい・・・」 「たまには特別なお風呂でゴージャスな気分を・・・」と考えているそこのあなた。 そんなあなたにはバスバッグ系の入浴剤がおすすめです! バスバッグ ...

2

僕はこれまでに100種以上の入浴剤を使い、このブログでレビューしてきました。 今回はその中から僕がオススメする入浴剤を10つ、ランキング形式で紹介します! 実際にいろいろな入浴剤を使ってレビューしてき ...

-清涼系入浴剤
-,

Copyright© お風呂の時間 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.