炭酸入浴剤

きき湯【食塩炭酸湯】レビュー

更新日:


・(商品名)きき湯【食塩炭酸湯】
・(系統)炭酸ガス系入用剤
・(メーカー)株式会社バスクリン

 総合評価  香り  香りの強さ  疲労回復  保湿力  肌への優しさ  価格
潮騒の香り 1回約63円

総合評価はとなりました。

どうでしょう?星4.5つ評価をしていることを、低く感じるでしょうか?それとも高く感じるでしょうか?

正直に言うと星4.5つ評価というの微妙なところで「悪くもないけど、特出している点もない」。そんなところです。

そのかわりと言ってはなんですが、この入浴剤には安定感?があるので買って後悔をすることはありません。現にこの入浴剤はドラッグストアを初めとして多くの場所で販売されています。売れるのでしょう。

では、そんな「きき湯」について話していこうと思います。

この商品の評価のみを見たい方は「入浴してみた感想」まで飛んでください。

期待できる効能

まずは、商品に記載されている情報から見ていきたいと思います。

医薬部外品(有効成分)塩化ナトリウム、炭酸水素ナトリウム、炭酸ナトリウム

(効能)冷え性、疲労回復、産前産後の冷え性、肩のこり、腰痛、神経痛、リウマチ、うちみ、くじき、痔、しもやけ、あかぎれ、荒れ性、しっしん、ひび、あせも、にきび

(商品説明)温浴効果を高めて「血行」「新陳代謝」を促進→身体を芯まで温める→肌表面に保温ベールを作り、湯上がり後の保温効果を高める→「つらい冷え・疲労」をラクに

・全自動給油機・24時間風呂の場合、機種によって使用できない場合あり

はい!ざっと商品に記載されている内容(そのままの情報です)をまとめるとこんな感じです。

有効成分の炭酸Na炭酸Naはアルカリ塩類で、温浴効果を高めてくれたり、肌をすべすべにする作用があります。

塩化Na(塩)も温浴効果を高めてくれるので、記載されている「商品説明」どおりの効果を期待できるでしょう。

まあ、配合量で効果もだいぶ変わるので実際に入ってみないとわかりませんけどね。(笑)

「効能」に書かれてる症状は数が多いので「とりあえず書いといた」という印象を受けます。冷え性と産前産後の冷え性に違いはあるのだろうか...(男だからわからない)

考えてもわからないのでひとまず入浴したいと思います。

入浴してみる

はい!では早速入浴したいと思います。

フタの内側に線が引かれているのでその分だけ(30グラム)フタに入れてスタンバイOK。私は粉をイメージしていたのですが、小さい粒がはいっていました!買う前に振ってみれば気づくことなのですが...(笑)そんなことはさておき、入れてみます。

シュワ~~~ッとすぐに溶けて無くなりました。実はこの入浴剤の1番のお気に入りポイントはこの瞬間(笑)

もちろん入浴剤の効果も素晴らしいのですが、炭酸浴と書いてあるとおりに、小さい粒が泡を立て一気に溶ける様は見ていると気持ちがスカッとします。

お湯はオレンジ色で濁り湯なご様子。フタに入れた時点でも良いにおいが香っていたのですが、お湯に溶けた瞬間に蒸気と一緒に良い匂いが鼻の中に入ってきました!

パッケージに「塩騒の香り」と書いてあるとおり、塩の香りの中にフレッシュな柑橘系の果物を感じられる匂いです。強い香りでは無いですが、好みは分かれそうな印象です。

香りを記載している反対側の面に「ややぬるめと感じるお湯(39℃位)に、ゆっくりと長めにつかります。」とおすすめ入浴方法が書いてあったので、ひとまずその通りにお湯の温度を39℃にして少し長めに20分の入浴をしてみました。

入浴してみた感想(評価)

 総合評価  香り  香りの強さ  疲労回復  保湿力  肌への優しさ  価格
潮騒の香り 1回約63円

記事の最初にもありますが、入浴をしてみての評価は上のようになりました。

ざっくり言うと総合評価は「普通」、良い点は「癖がない」ところで、悪い点としては「匂いが少し人工っぽい」「保湿効果が低い」といったところでしょうか。

悪く言って「無難」よく言って「王道入浴剤」と言えそうです。では、評価を細かく見ていきたいと思います。

香り・香りの強さ

「塩騒の香り」で、香りの強さは星3つです。

「潮騒の香り」についてですが、最初は柑橘系の香りに感じました。しかし、「潮騒」という言葉を頭に置いて匂うと確かに海から香るフレッシュな匂いも感じられ、言葉で表すには難しい香りです。

自然の香りをイメージして作った。という香りではなく、少し人工っぽい匂いなので、人によったらきつく感じるかもしれません。

疲労回復

「疲労回復」は星3.5つと少し高めにつけたつもりです。

この項目については「身体を温める効果が高いか低いか」を基準に評価をし、この商品はその能力が高めだと感じました。

(あくまでも値段に対しての「高め」。疲労回復効果だけで見ればこの商品より優れている商品が他にたくさんあるので星3.5つどまり)

お湯の温度をやや高め、入浴時間を長めにとってやれば十分な効果が期待でき、その効果は汗をかけるほどです。

商品に書かれているとおりに「39℃のお湯で20分間」入浴をすれば間違いなく、疲労や冷え性、肩こりなどに効果がでるでしょう。

保湿力

保湿力はあまりありません。

そもそもこの商品はパッケージを見ればわかるように「冷え性・疲労」への効果をメインに作られています。

なので、肌荒れや乾燥肌に対して強みがあるわけでもなく、保湿力も低いので、肌荒れや乾燥肌を持っている人はボディークリームや化粧水の使用が必要でしょう。

肌への優しさ

この項目は、「肌への刺激」を表したものです。

保湿力の項目でも話しているとおり、この商品は肌への効果が期待できません。

そうなると、「肌への効果が期待できない」→「肌への配慮が足りない」→「肌への刺激が高い」と考えてしまうのですが、入浴してみるとそれほど強い刺激は感じませんでした。

僕は乾燥肌持ちで、姉が軽いアトピー持ちなのですが、「きき湯」の影響で肌がかゆくなったことはこれまでに1度もなく、肌が弱い人でも使いやすい入浴剤なのではと思います。

*人によっては痒くなる可能性もあるので注意は必要です。

価格[約1回63円]

薬局では12回分が760円で販売されており、1回分は約63円です。

この値段は、入浴剤をあまり使わない人からすると「高め」に感じるのではないでしょうか。

確かに、「バブ」では30円をきる商品がたくさんありますし、それに比べると「きき湯」は2倍の値段なので高いのかもしれません。

しかし!入浴剤には1回130円をオーバーするものもたくさんあり、わかりやすいところで言うと「クナイプ」は1回約100円します。

なので、きき湯の1回63円という値段はそれほど高いわけではなく、「63円」という値段に対して効果もそれなりに出るのできき湯を買うのは「有り」だと僕は思います。

(入浴剤は値段が低すぎると効果が薄くなりがちなので、僕からすれば1回63円は逆に安心します)

総合評価

色々な点から見て総合評価はとなりました。

この商品は株式会社バスクリンの主力製品なだけあって、コスパ良し、バランス良しです。

上で書いた通り、癖がなく値段も買い求めやすいので色々な層に人気があります。

まとめ

僕の中では推せる商品です。

ただ、効果を期待しすぎると失敗するので、「普段と気分を変える+α温浴効果」ぐらいに考えるとちょうど良いと思います。

また、「潮騒の香り」以外にも「カボスの香り」や「はちみつレモンの香り」など色々なバリエーションがあるのもこの商品の魅力の1つなので、色々な香りを揃えて使い回すのも面白いかもしれません。

  • この記事を書いた人

入浴剤マニア「かける」

お風呂が好きで色々な入浴剤を使うので、「この経験をほかの人にも共有できれば」と考え、サイトを作りました。自分が感じたリアルな情報をお届けします!

オススメ記事

1

「お風呂でゆったりノンストレスな時間を楽しみたい・・・」 「たまには特別なお風呂でゴージャスな気分を・・・」と考えているそこのあなた。 そんなあなたにはバスバッグ系の入浴剤がおすすめです! バスバッグ ...

2

僕はこれまでに100種以上の入浴剤を使い、このブログでレビューしてきました。 今回はその中から僕がオススメする入浴剤を10つ、ランキング形式で紹介します! 実際にいろいろな入浴剤を使ってレビューしてき ...

-炭酸入浴剤
-,

Copyright© お風呂の時間 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.